あなたにピッタリの副業を紹介するサイト

【詐欺?】SKY(スカイ)のcolor(カラー)は信用できるのか徹底調査!

写真や動画のスキル活用した副業の概要

time 2020/09/07

写真や動画撮影が趣味と言う方は少なくないでしょう。そうした写真や動画を趣味とする人やセミプロの方が、そのスキルを活かせる副業はいくつもあります。本記事ではこうした写真や動画のスキルを活かした副業についてまとめたいと思います。

まず、写真のスキルを活かせるネット副業の代表としては、ストックフォトサイトで自信作を販売する方法が、誰でも取り組めるものとしてよく知られています。
このストックフォトサイトでは、プロやセミプロが多数登録して活動されており、素人が簡単にお金を稼げるものではない様に思えます。しかしストックフォトサイトでは、どんなテーマやタグ付けされた写真が売れ筋かと言ったサポートがありますし、また写真の構図の基本等のサポートもあり、素人でもそこそこの収入を得られる秘訣等のヒントも得られるので、とにかく諦めずに500枚程度はアップしてみましょう。

一方の動画で収入を得る方法としては、ユーチューブが最も知られているでしょう。こちらは閲覧数に合わせて収入が得られる仕組みで、自分のチャンネルにいかに登録者を増やし、興味あるコンテンツを提供できるかがポイントとなります。
有名なユーチューバーが多数居り、想像以上の金額のお金を稼いでいる人も少なくありません。収入を得るためには、こうした人気のコンテンツをしっかり学び、その上で自分が撮影・アップできる差別化できるコンテンツを身に着ければ、一定の収入を得る事も可能でしょう。
ただし、最近は閲覧数を増やし、お金を稼ぎたい余り、非常識な行動を撮影してアップする人も居られますが、こうした事は厳に慎むべきと言えます。

写真や動画のスキルを活かしたその他の副業として、クラウドソーシングで色々な撮影依頼を受けて仕事を獲得して、お金を稼ぐと言う方法もあります。
ものの撮影もあれば、家族の行事の撮影等、プロの写真家に頼むほどではないけれど、そこそこの機材と腕を持った人に撮影して欲しいと考える方が、仕事を発注される事が少なくないのです。
また自身のスキルを売り込めるサイトで出張撮影が可能として、自分で時間当たりの費用設定し、依頼者をこちらから募ると言う方法もあります。
こうした写真や動画撮影を行う副業は、依頼者の指定場所に出向く必要があり、ネットで完結できない点が、多忙な人にとってはデメリットと言えるかも知れません。

さらにクラウドソーシングでライティングの仕事をされている方も少なくないでしょう。そうした方には、ライティングに写真をプラスした記事を作成し、クラウドソーシングで出品できるコーナーを利用して販売すれば、単に記事のライティング以上に需要が多く、発注してもらえる確率が増えます。
タスクやプロジェクト方式のライティングの仕事をしている人も、自ら出品する方式を利用されていない方が大部分でしょう。しかし、サイト側のサーポトに従って簡単に販売できるので、ぜひ取り組まれるのがお勧めです。